ピアノ 独学 練習方法

独学でのピアノの練習方法について

独学でピアノを学ぼうとする人は意外と多いものです。特に大人になってからピアノをやり始める人のほとんどは、ピアノ教室ではなく独学という方法を選んでいます。それはなぜなのでしょう。

 

独学を選ぶ理由は人それぞれですが、1番の理由は「時間を好きに使える」こと、そして「好きな曲を練習できる」ということでしょう。教室に通うより費用も安いですし、時間に拘束されることもないのは、やはり独学ならではなのでしょう。

 

しかし独学というのは、文字通り「独りで学ぶ」ことをいいます。つまりピアノが上達するかどうかはすべて「自分次第」ということです。では、独学でピアノを練習するにはどのような方法があるのでしょうか。

 

独学でピアノを練習するのに大切なのは、「ピアノを楽しむこと」

 

独学でピアノを練習するとき、なによりも大切なのは「ピアノを楽しむ」ことです。楽しくなければ練習する意味がないですよね。ピアノを楽しむことができれば、必然的に上達すると言えると思います。自分の弾きたい曲を練習するというのも、独学ならではですよね。自分なりのメニューを決めて実践するのもいいでしょう。

 

そして、独学でピアノを練習するとき、お手本となるDVDを1枚決めておくと良いと思います。独学である以上「先生」というお手本がないわけですから、曲調や指の動きなどはDVDで確認するのが1番ですよ。自分の好きな教本や教材を決めて、それに沿って練習をしていきましょう。

 

おすすめは「30日でマスターするピアノ講座 海野先生が教えるピアノレッスン」という、ピアニストの海野先生が監修した教材です。まったくの初心者が30日でピアノを弾けるようになるというもので、ピアノを楽しみながら練習ができると評判なんですよ!ピアノを学びたくても何から始めたらいいのか分からない、という人もいると思います。そんな人も、この教材を使えばベストな練習方法が見つかりますよ。独学でも楽しんでピアノを練習していきましょう。