ピアノ 独学 楽譜

ピアノ独学練習方法!おすすめの楽譜について

いざ「ピアノを始めよう」と思ったとき、あなたは何から始めますか?おそらくたいていの人は、「楽譜の勉強」から始めることと思います。楽譜が読めなければ、ピアノを弾くことはできないからです。

 

しかし、楽譜の勉強というのはわたしたち「初心者」とって、お世辞にも「楽しいもの」とは言えないでしょう。楽譜というのはとても奥が深いので、初心者が理解するのは難しいと言わざるをえません。独学でレッスンをする人が途中で挫折してしまう、諦めてしまうのは、楽譜の勉強から始めて「ピアノが嫌いになってしまう」からだとも言われています。せっかく意気込んでピアノを始めるのですから、ピアノを好きなまま弾けるようになりたいですよね。ここでは、逆の発想で楽譜を読み、ピアノを弾くことのできる話題の教材「30日でマスターするピアノ講座」をご紹介します。

 

リズムをマスターすれば楽譜は読める?

 

まず、「楽譜の勉強をしなければピアノは弾けない」という固定概念を捨てましょう。楽譜の勉強をしなくても、ポイントさえ押さえておけばピアノは弾けるようになります。わざわざピアノを嫌いになるリスクを犯してまで、楽譜の勉強をする意味はないのです。

 

「30日でマスターするピアノ講座 海野先生が教えるピアノレッスン」という教材では、ピアノのコツを掴むことで、自然と楽譜が読めるようになると指導しています。せっかくピアノに興味を持っているのですから、難しいことは置いておいて実際に弾いてみましょう、というのがこの教材のコンセプトでもあります。ピアノを楽しく弾くことが、何よりも大切なことなのです。

 

「30日でマスターするピアノ講座」では、ポイントを押さえた短時間レッスンで、みるみるうちにピアノが上達すると話題です。限られた時間を有効に使い、自分のペースで練習できる独学の最大のメリットでもありますね。

 

初心者は楽譜の勉強から始めるから、途中で挫折してしまうのです。「ピアノは楽しい」「ピアノが好き」という気持ちを忘れずにレッスンに取り組むためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。