ピアノ 独学 教本 順番

ピアノ独学におすすめの教本の順番とは?

独学でピアノを学ぼうと思ったとき、やはりお手本となる「教本」は用意しなければなりません。ピアノがまったくの初心者だとしたらなおさらです。何もない状態では、何から手をつけていいのか分かりませんよね。

 

一言で「ピアノの教本」といっても、その種類は様々です。初心者向けのものからプロを目指すような人向けのものまであります。初心者がプロ向けの教本を使うことには、やはり無理があるでしょう。ピアノの教本はたくさんあるので、「自分に合ったもの」から順番に選んでいかなければなりません。では、どのように選んでいけば良いのでしょうか。

 

ここでは、初心者向けの教本の中でもずば抜けて人気の高い、「30日でマスターするピアノ講座」という教本についてお話ししたいと思います。

 

「30日でマスターするピアノ講座」は簡単3ステップでピアノが弾けるようになる?

 

ピアノを独学で練習するのは、とても難しいことだと思っていませんか?教本を順番に揃えたはいいものの、結局途中で諦めてしまったという人もいるかもしれませんね。ここで紹介する「30日でマスターするピアノ講座」という教本では、なんと「見る・聞く・弾く」という簡単な3ステップでピアノが弾けるようになるというのです!DVDを見て、先生の演奏を聞き、実際に弾いてみる、これだけです。

 

そんな簡単に弾けたら苦労しない!と思う人もいるかもしれませんね。もちろん初心者のための順番というのも忘れていません。

 

楽しく弾けるようになるためのコツ

 

まずは楽譜を読み、手拍子によってリズムをつかみます。楽譜が読めなくても、楽譜を読むためのコツをしっかり教えてくれるので安心してくださいね。手拍子でリズムがとれたら、曲をいきなり弾いてみましょう。両手でさらっと弾けるようになります。片手ずつ違う動きができるかな?と心配な人も、この教本通りにレッスンしていけば不思議と弾けるようになるのです。スキップのリズムをマスターできたら、いよいよ誰もが知る名曲にチャレンジしていきましょう。

 

このように、まったくの初心者でも「楽しくピアノを弾く」ことができるよう、順番にレッスンしていきます。教本を何冊も買うより、これなら1つですむのでいいですね。