ピアノ 独学 楽譜読めない

楽譜が読めない人も独学でピアノが弾けるようになる?

みなさんも「楽譜」は見たことがあると思います。音符や様々な記号などが書かれていて、音楽に詳しい人なら、楽譜を見ただけでどんな曲なのか分かると思います。しかし、楽譜はとても奥が深く、しっかりと理解するのは大変です。音符や記号の「意味」はもちろん、その曲に込められた「作曲者の気持ち」まで読み取らなければならないからです。これを、ピアノ初心者の人にやらせるのは酷な話ですよね。

 

ピアノ初心者の人で楽譜が読めないという人はたくさんいます。では、「楽譜が読めないとピアノは弾けない」のでしょうか?

 

楽譜が読めなくてもピアノが弾けるようになる教本とは?

 

先ほどの話ですが、楽譜が読めないとピアノは弾けない、そう思っている人は多いです。しかし、決してそんなことはないんですよ!

 

楽譜が読めるに越したことはありませんが、楽譜が読めなくてもピアノは弾けるようになります。というのも、楽譜にこだわる必要はないのです。初心者の人は、まず始めに「楽譜の勉強」から始めることが多いです。そうすると、大抵つまずき途中で挫折します。楽譜が読めない人にとって、「楽譜を知る」というのは、辞書片手に「英語の本を翻訳する」ことと同じだと思ってください。英語も、分からない人にとってはかなり苦痛ですよね。それと同じなのです。これでは、独学でのピアノレッスンが続くはずはありません。

 

初心者におすすめのピアノ教材

 

「30日でマスターするピアノ講座」というピアノ教本は、「知っている曲から楽譜を見る」という今までと反対の方法で楽譜を知ることができます。まったく楽譜が読めなくても、知っている曲を実際に弾いて覚えていこうというのです。肌で感じるリズムを表したのが楽譜である、ということです。もちろんドレミと指使いは書いてありますので、安心してくださいね。

 

この「30日でマスターするピアノ講座」は、楽譜が読めない人でもピアノが弾けるようになった!と高い評価を得ている教本です。たとえ楽譜が読めなくても、ピアノを弾いてみたい!という気持ちのある人は、ぜひチェックしてみてくださいね。